アニメ・漫画

タケミチ(花垣武道)は弱いけど強さもある?強くなるまでの過程と名言は?

東京リベンジャーズの主人公タケミチこと花垣武道!主人公と言えばやはり最強のイメージですが・・タケミチは弱いです!

この記事では、花垣武道の強さや強くなるまでの過程が知りたい

そこで本日は・・タケミチ(花垣武道)は弱いけど強さもある?強くなるまでの過程と名言は?についてお伝えしていきます。

この作品を見るならU-NEXT

東京卍リベンジャーズ
\31日間無料でお試し/

初回31日間の無料期間中に解約すれば
2,189円がなんと0円

スポンサーリンク





【東京リベンジャーズ】タケミチ(花垣武道)は弱い?

東京リベンジャーズの主人公「花垣武道」が弱いとの声が多数ありました!

ですが、実際はどうなんでしょうか?そもそも弱いと思ってしまう原因とは・・?

弱い?
  • 喧嘩賭博で1発KO
  • キヨマサたちから逃る為に地元を離れた

 

特に「弱い」と思ってしまうところは東京卍リベンジャーズの最初の頃のイメージなんだと思います!

最初についた弱いというイメージが染みついてしまい、取れるまでには時間が掛かりそうですね。

詳しくはこちら↓
東京リベンジャーズの主人公(タケミチ)が嫌いで無能?イライラする理由はなぜ?

しかし話が進むにつれてタケミチの成長していると分かる場面もありますので見ていきましょう!

スポンサーリンク





タケミチ(花垣武道)は弱いけど強さもある?

弱いけど強さもある?これはどういった事かといいますと・・

橘日向を守る為に頑張っている!

元いた現実では弱いままのタケミチです。しかしヒナタの死を目の当たりする度に、このままじゃダメだ!

自分を変えないと、今頑張らないとヒナを救う事ができない!

このような事から弱いけど強いタケミチに成長していく姿が伺えます。

では実際にタケミチが成長していく過程を見て行きましょう!

スポンサーリンク





武道が強くなるまでの過程と名言とは?

ではタケミチが実際に強くなるまでの過程とその時の名言が気になります!そのシーンを忘れてしまっている方も思い出して下さいね!

各シーン
  1. キヨマサに喧嘩を売る
  2. 8.3抗争でキヨマサを締め上げる
  3. 血のハロウィンで芭流覇羅に立ち向かう
  4. クリスマス聖夜決戦で大寿に立ち向かう

 

タケミチの成長や強くなるまでの過程を見ていきましょう!これを見ればきっとタケミチのカッコいいところがわかります!

 

“キヨマサ編”

喧嘩賭博でキヨマサにタイマンを売る!

一方的にやられてしまいますが、まだまだ・・

名言は・・

引けねえんだよ!引けねえ理由があるんだよ!

引用:東京卍リベンジャーズ 和久井健

 

客が引くほどの粘り強さと根性を見せます!

 

“8.3抗争編”

キヨマサとの過去に決着を付けます!嫌で地元から離れた過去も、ですがタケミチは立ち向かいます!

名言は・・

逃げねえよ!俺の人生のリベンジだ!

引用:東京卍リベンジャーズ 和久井健

 

全部自分の弱さが原因と過去の自分のダメなところ、諦めてしまっていた…

キヨマサを倒す事で過去の自分と向き合う事ができます!

 

“血のハロウィン編”

芭流覇羅との抗争血のハロウィン編ではタケミチの活躍で東京卍會が息を吹き替えします!

こちらの回は名言というよりもフラフラな状態のタケミチが救いたい人の為に自分が全員ぶっ倒す!

隊長に必要な能力と言うべきでしょうか?

“クリスマス聖夜決戦編”

聖夜決戦ではブラックドラゴンの総長である柴大寿に1発くらわせ膝を付かせ、周りも驚いていました!

名言は・・

それだけが取り柄なんだよ!

頑張る事は辛くねよ一番辛い事は孤独な事だ!

引用:東京卍リベンジャーズ12巻 和久井健

 

タケミチの仲間を思う為の行動に泣いた、感動したなどクリスマスにピッタリな話です!

スポンサーリンク





花垣武道まとめ

以上、タケミチ(花垣武道)は弱いけど強さもある?強くなるまでの過程と名言は?

についてお伝えしてきましたが、まとめると…

  • タケミチは話が進むに連れて強くなっている
  • 強さの理由は守りたい物がたくさんあるから
  • 強くなると同時に名言が必ずある

 

タケミチの強さに疑問があった方もいたはずです!ですが話が進んで行く内にそのような感覚はなくなります!

むしろ応援したくなります。ですから全巻読む事をオススメします。読みたい方はこちら↓

この作品を見るならU-NEXT

東京卍リベンジャーズ
\31日間無料でお試し/

初回31日間の無料期間中に解約すれば
2,189円がなんと0円

最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらも人気です